>

投資スタイルを決めましょう

スマートフォンで簡単に取引出来ます

株の取引時間は、平日9:00~15:00ですが、FXは24時間取引可能です。
FXは時差によって世界中で市場取引がされ続けています。
夜になると、ロンドンなどのヨーロッパの市場、夜中にはアメリカの市場、早朝にオーストラリアの市場が始まります。
FXのマーケットは日本時間での夜22:00~2:00での取引量が多いためサラリーマンの帰宅後のネットビジネスとして受け入れられています。
また、FXはパソコン以外にスマートフォンやタブレットでも取引が簡単にできます。
FX会社は、使いやすいアプリをそれぞれ開発していますので、注文もワンタッチでできますし、チャート機能や経済ニュースもチェックできますので、いつでも手軽にトレードができるのです。
スマートフォンなら、通勤時間や休憩時間などの合間に取引ができますよね。

投資先の選択肢が少ない

FXでは外貨が投資先ですので、取引できる通貨ペアは20~30と数は限られています。
株では投資対象の数、東証一部で2,000銘柄が存在します。
その中から銘柄を分析して探すことは、難しいですよね。
株のように銘柄選定に悩む時間がない分、敷居が低いため初心者でも取引をスタートしやすいのではないでしょうか。
FXが初心者ならば、米ドル/日本円がよいでしょう。
日本の時間帯でトレードもでき、相場が安定していてリスクが少ないといわれています。
ユーロ/米ドルもEUの共通通貨で取引量が多く安定度もありますが、金利状況から長く保有するとスワップポイントがマイナスになることがあります。
スワップ運用を考えるなら、豪ドル/日本円、トルコリラ/日本円はいかがでしょうか。


この記事をシェアする