>

経済指標や政治動向を勉強する

FXは不況でも利益が出すことができます

FXは、2つの国の通貨の交換価値の変動で取引しますので、上昇トレンドでも下降トレンドでも利益を得ることができます。
上昇トレンドなら、買って売り、下降トレンドなら売って買い戻すということになります。
株は、企業に投資しますので、不景気になると業績が下がってしまいます。
信用売りは、利息もつきますし、買い戻しもしにくくなります。
しかし、外国為替市場は取引高が多いので安心して取引ができます。
不況でも安定して利益を出すことが可能です。
また、世界経済や世界情勢によって通貨の価値は変動していきます。
利益を出すためには、なぜ円の価値が落ちたのかなどと考えなければいけませんよね。
知識を身につけてFXにいかしていきましょう。

スプレッドは取扱手数料

FX会社では、取引手数料がほとんどありません。
株に比べるとかなりお得ということになります。
名目上の取引手数料はありませんが、実際は、取引するごとにスプレッドに組み込まれて手数料を支払っているということになります。
スプレッドとは、通貨の売り値と買値の差のことで、0.3銭ならば、1000通貨の売買なら3円となります。
同じ通貨のペアであってもFX会社によって違いますので、口座を開設する前に比較してみましょう。
トレードの回数など金額が大きくなるほど、差が大きくなります。
取引画面に通貨ペアのレートが並んでいますが、左が売値、右が買値となります。
売値と買値の差を真ん中の数字が表していてこれをスプレッドと言います。


この記事をシェアする